糖尿病

ここでは手のしびれを伴う病気、糖尿病について詳しく説明していきます。

糖尿病とは、食事や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が深く関与して発症する生活習慣病のひとつで、予備軍も含めて日本人の10人に1人、全国に1000万人以上も居ると言われています。糖尿病の三大合併症として挙げられるのが、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害です。糖尿病は成人の失明の原因第一位でもあり、腎疾患で人工透析を受ける患者の第一位でもあるほどの重大な病気です。


sponsored link




【糖尿病の症状と手のしびれ】

糖尿病の症状として、手のしびれがあります。糖尿病になると、血液中のブドウ糖の数値が上昇し血糖値が上がります。これにより神経細胞がブドウ糖にさらされ神経に異常をきたし、手のしびれや足のしびれとして発症するのです。症状が進行すると痺れるだけでなく、感覚が鈍り怪我などによる痛みや異常を感知できなくなってきます。さらに運動機能が著しく低下してしまうので、手で物を掴んだり両足で立って歩くといった通常の日常生活を送れなくなってしまうほどです。

手のしびれは、このような重大な疾患の前兆として現れていることもある為、軽視することは非常に危険です。早い段階で検査や治療を受けることが重要となります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 甲状腺機能亢進症

⇒ 脳梗塞・脳腫瘍・脳出血

⇒ 熱中症

⇒ 妊娠中の妊婦



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
teno4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。