手根管症候群

ここでは手のしびれを伴う病気、手根管症候群について詳しく説明していきます。

手のしびれを伴う病気で代表的なのが、手根管症候群という病気です。
手根管症候群は、手首の手の平側にある骨と靭帯で囲まれた手根管の中を、正中神経と指を曲げる筋肉の腱が通っています。この正中神経が圧迫を受けることにより、手のしびれや痛み、運動障害などを起こす手の代表的な疾患です。


sponsored link




【手根管症候群の特徴】

正中神経は親指から薬指の内側半分までの神経を束ねているので、しびれや痛みはそこまでの範囲内で起こるのが特徴です。この部分は尺骨神経という部分で司っています。従って、薬指の外側半分と小指には影響がありません

手根管症候群の原因は、手の酷使によるもの、妊娠中のむくみや女性ホルモンの影響によるもの、糖尿病やリウマチなどが要因となっているものなどがあります。中年以降の女性に多く見られることから、女性ホルモンの影響も大きいことが伺えます。症状が進行すると、筋肉の痩せが見られます。こうなると手のしびれが減少する半面、手の細かい運動が困難になり始め、症状としては悪化しているので注意が必要です。

治療は初期段階であれば、手首をサポーターなどで固定して安静にします。またしびれに対して消炎鎮痛剤を服用します。症状が進行している場合は、手術を選択することもあります。靭帯を切って正中神経を圧迫から解放することが目的となります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ ギヨン管症候群

⇒ 腱鞘炎

⇒ 妊娠中の妊婦

⇒ 糖尿病



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
teno4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。