痺れるメカニズム

ここでは手のしびれについて、手が痺れるメカニズムを説明していきます。

しびれとは、麻痺に分類される一過性の神経障害です。末梢神経で拾った信号は中枢神経へ伝達され、そして脳がその信号を処理します。脳は伝わった信号に対し今度は体全体へ自分がこう感じているという事を発信します。これが感覚の仕組みなのですが、手のしびれが起こるメカニズムも同じように感覚の仕組みからくるものです。


sponsored link




例えば正座を1時間続けていて、途中で足が痺れた経験のある方は多いと思います。この時の痺れるメカニズムとしては、正座によって足が圧迫され血流が滞ります。血流が滞ると末梢神経が異常として信号を脳へ伝達します。脳はこの信号を「しびれ」として認識し発信する為、足が痺れるというわけです。

しびれが起こる原因は色々あります。老化による体の機能の低下や筋肉・腱などの疲労によるもの、末梢神経の圧迫によるもの、血流が滞って起こるもの、脳や血液の病気によるもの、などが挙げられます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 手がしびれる原因

⇒ 手のしびれの症状

⇒ 手のしびれの治療



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
teno4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。