ギヨン管症候群

ここでは手のしびれを伴う病気、ギヨン管症候群について詳しく説明していきます。

ギヨン管症候群は、手根管症候群とは対照的に小指と薬指の外側にしびれがある病気です。これは圧迫されて刺激を受けている神経が、手根管の正中神経とは違って小指側にある尺骨神経管(ギヨン管)の尺骨神経だからです。両者とも絞扼性神経障害に分類されます。


sponsored link




【ギヨン管症候群の特徴】

ギヨン管症候群の症状の特徴としては小指の背側にはしびれは見られません。小指の背側にもしびれがある場合は肘部管症候群という病気です。肘部管症候群とギヨン管症候群もどちらも尺骨神経麻痺ですが、明確な違いは刺激を受けている場所が肘部管やギヨン管なのかの違いです。この病気に関しては肘の痛みと肘部管症候群でも詳しく解説しています。

ギヨン管症候群の治療は、手根管症候群とほとんど同じ方法が取られます。手首を固定して安静にする、手首の小指側に湿布を貼る、消炎鎮痛剤を服用する、症状が重い場合は手術をして尺骨神経の圧迫を取り除くなどの方法があります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 腱鞘炎

⇒ 手根管症候群

⇒ 妊娠中の妊婦

⇒ 糖尿病



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
teno4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。